武富洸斗はアーティストである。彼は彼を愛する人や街のため、日々戦い続けているのである。


by takedomihi-to

有田現代アートガーデンプレイス滞在制作12

9月24日(月)

土日で休みだったので、久しぶりに窯に入っての作業に入りました。

a0186188_1320295.jpg


僕の作品はライトや音響などことも考えつつ、完成に近づいてきました。
自分の作品制作の傍ら、ひろくんとさやちゃんと約束をしていた乗り物を作っています。
小学生サイズのキックボードです。(徳永さんから「乳母車」と言われました)
学校から帰ってきたさやちゃんがさっそく乗って遊んでくれました。

幸楽窯では90分毎にチャイムが鳴って休憩時間があります。従業員のおばちゃん達が今日はおはぎをくれました。お茶をしながら出身の話で盛り上がったのですが、ゆうちゃんは福岡出身で有田の方言が分からず一人だけ全然話についていけてなくてたのしかったです。

そのゆうちゃんは今回では窯の中に立体作品を展示するそうです。やきものの納骨堂の神様的なものみたいなこと言ってました。
もう一人の滞在制作の仲間やとうじさんは、素焼きの破片をチョーク代わりに使って広い壁に絵を描いています。昔、有田ではこどもたちが素焼きの破片で落書きをする文化があったそうです。描いてる姿がストリートヤンキー系な感じ。似合ってます。

そして昨日佐賀から有田まで自転車で来たしゅうせい(渡辺くん)は、ゆうちゃんの展示場所の片付けを手伝った後絵付け体験をしていました。急須に絵付けしてたけど、しゅうせいはお酒しか飲まないのに使う時はあるのだろうか…。その後夕方のバイトのためにまたチャリで帰っていきました。来てくれてありがとう、しゅうせい!

やとうじさんは用事があって今日は有田にいないので、夜は昨日のキャベツを消費するためにゆうちゃんがお好み焼きを作ってくれました。徳永さんの広島風お好み焼きとは違ってだいぶ荒かったけどこれはこれでおいしかったです。あと徳永さん奥さんから手作り春巻きをもらって、2人でうまいうまいうまい言いながら食べました。

夕食の後はひろくんとさやちゃんとでシルバニアファミリーで遊びました。僕が映画好きなのでシルバニアの人形を使ってアクション映画を再現するとひろくんは喜んで一緒にしてくれます。さやちゃんはちがうといってすごく嫌がります。さやちゃんが言うには、シルバニアファミリーには優しい人しかいないそうです、僕もシルバニアファミリーに入りたいです。


a0186188_14442492.jpg
a0186188_14412951.jpg

a0186188_14383132.jpg

[PR]
by takedomihi-to | 2012-09-26 14:55 | 滞在制作