武富洸斗はアーティストである。彼は彼を愛する人や街のため、日々戦い続けているのである。


by takedomihi-to

有田現代アートガーデンプレイス滞在制作11

9月23日日曜日。

今日は一段と寒し。今日はばたばたする気配がしていました。いつも通る豆腐やさんの車が往復するのを確認し、午前中はうさぎのさんぽ(うさんぽ)などをすませた後、今回の有田現代アートガーデンプレイスの本会場である炎博会場へ準備に行きました!

この会場は昔来たような気がするのですが、初めてな感じでした。とてもきれいな建物で、映像展示がある会場を暗くするため、窓を覆う作業です。うさんぽつながりでウサギのもふちゃんもいつの間にか会場に。ひろくん、さやちゃんも加え、単純作業が飽きることなく楽しんでできました!

おひるはちゃんぽん!これがおいしかった!昨日来たゆうちゃんもすっかりなじんでいます。

昼はみんなで廃屋の探索。三階に生える雑草にそのつよさに心うたれつつ、昔のジャンプ(手塚治虫が載ってる!)などの宝を発見して回りました。やっぱり普段いない世界にいくと、わくわくがとまりませんね。まだまだ僕は自由の世界に入ってもいないような、まだ何かが解放できないような、不思議な感覚になりました。

夕方は歓迎会!やっとメンバーがそろった!徳永さんの広島風お好み焼き!かなり本格的。
様々な方面で活躍していらっしゃる方々も来てくださり、広がりの在る話ができました。ありがとうございます。

ここでおどろいたのが、会の終盤になって後輩渡辺くんが登場!驚きとともに疑問が。佐賀市からどうやってここまで…。そう、チャリです。
a0186188_1310423.jpg

a0186188_13121424.jpg

a0186188_13122910.jpg

a0186188_13143629.jpg

a0186188_1313655.jpg

a0186188_1313411.jpg

[PR]
by takedomihi-to | 2012-09-26 13:17 | 滞在制作