武富洸斗はアーティストである。彼は彼を愛する人や街のため、日々戦い続けているのである。


by takedomihi-to

有田現代アートガーデンプレイス滞在制作⑦

9月19日

滞在一週間目。いつのまにか一週間!もう慣れて、朝も目覚ましなしでも起きれるようになってきました。というかなかなか寒くって置きます。

本日は自分の制作…と思ってたのですが、滞在制作してるとこに行くと、ついつい作ってしまい、結局自分のはできず。明日やろう。

そういえば明日から仲間が増えます。写真も楽しくなるでしょう。

休憩時間に休憩場所に呼ばれてお茶をさせてもらっていると、いつものおっちゃんが手がすごいことになってるよ、と。先日もすごかったのですが、今日は一段とゾンビです。あんちゃんの手にはここの40年のホコリがのってるのさ。と。四十年。きっと僕の親がセミを追っかけてた頃か。それから放置されてるものをぼくが集めて…と考えると無限ループで不思議世界に入りそうで怖くなります。

制作場所の近くには廃屋がいくつもあり、80年代のジャンプとか週刊誌があったりします。そこにいるとなんだかタイムスリップしたような、ひとり怖くなったりします。しかしそれがワクワクと直結するのです。怖いけどウルトラQを見るのと一緒です。ここはまさにアンバランスゾーン。いや、他がアンバランスゾーンでここが普通なのかもしれません。ほこりがそれをいってるような気がします。

また夜は子供達と遊ぶ。やはり子供達は元気ですね。彼らこそ、僕らのヒーローであり、守るべきものだと感じます。彼らのワクワクが未来に直結するような世の中にしたいものです。

滞在場所廊下
a0186188_7365832.jpg


ゾンビの手。
a0186188_7374064.jpg


飛行機雲について解説するさやちゃん「ひゅーどーんひゅーだばーあん」
a0186188_7381339.jpg

[PR]
by takedomihi-to | 2012-09-21 07:40 | 滞在制作