武富洸斗はアーティストである。彼は彼を愛する人や街のため、日々戦い続けているのである。


by takedomihi-to

有田現代アートガーデンプレイス滞在制作②

9月15日
■有田にて滞在制作2日目。

6時半→起床、散歩
7時→ごはん、掃除
7時半→今日することのまとめ、準備。
8時→作業場へ
12時→ご飯、休憩
1時→再び作業場へ
5時→休憩
6時→反省、制作
8時→休憩、ご飯
12時→起床

という計画のもと、生活しようと決めました。

とりあえず今日はひたすら材料集め!実はいうと(?)まだ何を作るか決まっていません。そこにあるもの(アリモノ)でつくることが今回の目標。まずは何があって、何が使えそうか、見ていきます。いつもの文化とは異なる文化を持つ場所ですので、それはもう使用用途の不明なものばかり。ワクワクが止まりません。しかし、歩き回ってるとやはりくたびれます。でっかい蜂や蛇、蜘蛛にムカデ、でかいのでビビります。高低差がかなりある山でそれらに気を使いつつアリモノ探しという慣れない行動をしつつ、楽しんでおります。

くたびれて、ふと座ると、従業員のおばちゃん、おねえさん達がお茶をくれたりしてくれました。なんとタイミングのよい。西有田の方言についてちらりと会話し、こんなに近いのにこんな言葉も違うのかーと再確認しています。

午後からも同じ作業。見つける→写真→文字記録→制作場まで持っていく→再び確認の記録。きっとこれがたまるとおもしろくなるはず!前回の滞在制作の反省点をここで生かしていきます!

ふと見ると、いい笑顔のおっちゃんが!なんと廃材好きと伝わったのか、ちょいちょい持ってきてくれたり、教えてくれたり。…幸せですな自分。感謝。

今日は他にもいろんな人とあいました。また明日紹介します。

それでは今から自分の制作に入りまーす。

制作場所にて。
a0186188_20492547.jpg


集めたアリモノ
a0186188_20512555.jpg

[PR]
by takedomihi-to | 2012-09-15 20:52 | 滞在制作